• こどもの成長サポートも仕事になるベビーシッター

    ベビーシッターの仕事内容は単なるこどもの世話だけにとどまりません。

    そのこどもの成長をサポートする役割も担っています。

    それはまだ赤ちゃんの段階でも同じことです。
    赤ちゃんの発達を促すことができるかどうかはお世話する人にかかっています。

    たくさん触れてあげる、話しかけてあげるなどすることでその後の成長が変わってくることがあります。


    ベビーシッターは自分で時給をあげることができる職業でもあります。頑張れば頑張るほど指名も増え、給料を増やすことも可能です。
    稼げる稼げないは自分次第です。

    稼げるようになるには、こどもの世話をきちんとすることはもとより、そのこどもに合ったサポートをしていくことが大事です。


    なかには家庭教師の代わりとなっているベビーシッターもいます。



    学習をサポートしたり、趣味をサポートしたりとそのサービス内容は個々人で変わってきます。
    その家庭、こどもごとのサポートができるかどうかが大事です。



    ただ話を聞いてあげる、一緒に散歩をすることでもサポートとなることもあります。


    小さいこどもであれば、一緒に寝てあげることが仕事になることもあります。安心できる大人が一緒に寝ることはこどもの精神状態を保つためにとても大切なことです。



    親ができない家庭であれば、それを補うのが役目でもあります。

    こどもが安心して生活できるようにすることを第一とし、その基礎を築いたうえで成長をサポートしていきましょう。


    ときにはそのこどもの要望を感じ取り、保護者に伝えるなど橋渡し役となることも大切な業務の一環です。